人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見東小学校開校100周年記念式典

tweet
2019/12/03掲載(北見市/教育)

1世紀の歩み祝い 新たな1歩を刻む

全校児童の合唱やダンス、器楽演奏も

 北見市立東小学校の開校100周年記念式典と祝賀会が11月30日、同校で行われ関係者らが1世紀の節目を祝った。

 同校は1919(大正8)年、野付牛尋常高等小学校(現・西小学校)から独立し、野付牛東尋常小学校として開校。戦時中の国民学校令や北見市の市制施行による名称変更を経て1947年、北見市立東小学校となり現在に至る。これまでに約1万4千人の卒業生を送り出した。

 式典には児童、教職員をはじめ来賓、同窓生などが出席。協賛会の会長は「東小学校の新たなスタートの年。これからも地域と北見市とともに歩み続けてほしい」と挨拶。佐藤和俊校長は「100年間に数え切れない人々の思いが込められた学校」と語り、在校生に向け「これからの皆さんの活躍を期待しています」とエールを送った。

 このほか過去10年間の歴代PTA会長と校長、同窓会長に感謝状が贈呈された。

式典に続き祝宴が行われ、全校児童による「ふるさと」合唱のほか、学年ごとにダンスや器楽演奏などを披露した。      (柏)