人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

新年のごあいさつ (2)

tweet
2020/01/06掲載(津別町/社会)

津別町商工会長
石橋 崇司

 新年あけましておめでとうございます。令和2年の幕開けを迎えるにあたり、謹んでお慶び申し上げます。地域の皆様には日頃より商工業の振興に格別なるご理解を賜るとともに、商工会運営に対しても温かいご支援をいただき、心よりお礼を申し上げます。

 昨年は、天皇の即位に伴う諸行事が執り行われ、国中が華やいだことと併せ、秋には日本中がラグビーワールドカップで沸き返った一方で、国内経済では、10月には消費税増税が行われ、同時に軽減税率制度も導入されました。心配された大きな混乱もなく安堵したところですが、地方を取り巻く経済環境は引き続き厳しく、国は補正予算を含めさらなる景気対策を行う予定としていますので、地方でも強く実感できる成果を期待したいと存じます。

 津別町におきましては、昨年、開町100年を迎え、節目の行事に取り組み今後の発展を期したところですが、同じ時期に東京オリンピック・パラリンピックのメダルケースに加工技術の高さが評価された町内企業の作品の採用や、住宅資材用合板製造で道産木材の高付加価値化の長年の取り組みが評価された木材製造会社が北海道新聞文化賞を受賞するなど、地元企業の成果や評価に大変勇気づけられた一年でした。さらに、町内では、これから庁舎建設などの大型工事が本格的に始まりますので、地域経済の好循環も含め、今後の進捗にご期待申し上げたいと存じます。

 商工会におきましては、厳しい状況が引き続いていますが、原点である会員の皆様への経営改善普及などの事業の推進に取り組みながら、頑張る地元企業や事業者の皆様ともども、地域に根差した経済団体としていっそう努力して参りますので、さらなるご協力とご支援をお願い申し上げるとともに、本年が皆様方にとりまして希望に満ちた一年となりますよう心よりご祈念申し上げ、念頭のあいさつといたします。