人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市 第2期総合戦略案を辻市長に答申

tweet
2020/01/13掲載(北見市/政治)

人口や出生数など24年度の目標値定め

地方創生総合戦略策定委がまとめ

 北見市地方創生総合戦略策定委員会が第2期総合戦略(2020~24年度)案をまとめた。中村研二委員長(釧路公立大学地域経済研究センター長)と小原光一副委員長(北見商工会議所専務理事)が7日に市役所を訪問し、辻直孝市長に答申した。

 市が少子高齢化と人口減少社会に対応するため策定した第1期総合戦略(15~19年度)が満了するため、辻市長の諮問を受け昨年11月に議論をスタートした。

 委員会は産学官や公募委員を含む8人で構成。案では市の実情に応じた地方創生に関する施策を推進するための目標、基本的方向、主要施策などを示した。

 40年の目標人口については第1期計画と同じ9万7千人とし、出生数や観光客の入り込み数、教育・保育施設の定員、がん検診受診率、健康寿命、バス利用者数、町内会加入率など各分野における24年度の目標値を定めた。

 市は意見の公募を行い、2月末までの総合戦略策定を目指す。進ちょく状況は年度ごとに公開する。   (匡)