人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

大量の家庭系ごみ…

tweet
2020/01/20掲載(北見市/社会)

北見市 4月1日から
許可業者の収集可能に

 北見市は、引っ越しなどで大量に排出される家庭系一般廃棄物について、許可業者の収集運搬を可能とする制度変更を行う。実施予定日は4月1日。

自己搬入が困難な事例増え制度変更

 家庭系一般廃棄物の処理は、市の一般廃棄物処理基本計画に基づきごみステーションへの排出、粗大ごみ処理方法に基づく排出、もしくは排出者本人による廃棄物処理場への自己搬入に限られている。

 しかし近年は少子高齢化や世帯分離により、引っ越しや入居者の死亡、介護施設への入居などの際に排出される大量のごみについては、自己搬入が困難な事例が増えつつあるという。

 こうした社会情勢の変化を受け、市は許可業者が家庭系一般廃棄物の収集運搬を行えるように制度を変更する。

 対象となる廃棄物は燃やすごみ、燃やさないごみ、粗大ごみ、資源ごみ、有害ごみなどで、量の基準は容量500㍑以上、または重量100㌔以上とする。

 許可業者は北見自治区がエース・クリーン、ホクカイ、北見商業クリーンの3社。端野は小田商店、常呂は常呂清掃センター、留辺蘂は遠藤の各1社。

 排出者は許可業者に直接収集を依頼。費用については各業者が料金を設定する。    (柏)