人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

大空町が2020年度予算案を発表

tweet
2020/03/07掲載(大空町/政治)

一般会計過去最大97億円

 大空町は2日、2020年度予算案を発表した。一般会計は19年度当初比23.2%増の97億8181万円。女満別、東藻琴両地区の認定こども園整備事業、高度無線環境整備事業などを盛り込んだことで、年度当初では過去最大規模になった。7つの特別会計を合わせた総額は同17.9%増の126億2255万円。

こども園整備事業など盛り込み

山下町長

山下町長

 一般会計の歳入は、町税が同1.8%増の10億1671万円、地方交付税が同5.3%増の35億4866万円を見込み、町債は同206.4%増の20億7852万円とした。

 こども園整備事業は9億7627万円を計上。内訳は女満別が約7億5千万円、東藻琴地区が約2億2千万円。オープンは女満別が今年10月、東藻琴が来年10月の見通し。

 高度無線環境整備事業は民間企業への負担金として5億5693万円を投じ、情報通信の条件不利地域に光ファイバー網を整備する。

 その他の主な事業では、人工衛星測位・自動操舵システムなどのリース導入を支援してスマート農業の推進を図る。

 花の観光地が一堂に会し、花の管理や観光客誘致の情報交換などを行う「全国芝桜フォーラムin大空町」の開催を支援する。

 女満別中央病院の入院病棟にエアコンを設置し、患者の熱中症予防を図る。新店舗に移転した網走信金女満別支店跡に、高齢者らのコミュニティ活動推進を図る地域福祉センターを整備。大空町誕生15年を記念して、町民舞台の実施を支援する。

 女満別湖畔に整備を計画している洪水災害などの活動拠点「大空地区河川防災ステーション」整備に向け、駐車場用地を取得。東藻琴総合支所は、耐震補強など大規模改修工事を行う。

 役場庁舎内に「移住・定住支援室」を新たに開設し、地域おこし協力隊員と町の職員が相談業務や、職業紹介をなどを行う。

 山下英二町長は「10年、20年後の将来に向け今、手を打たなければならないものを考えて編成した」と狙いを述べた。(浩)