人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

教えてください (4)

tweet
2020/03/10掲載(その他/社会)

「新型コロナウイルス感染症対策の見解」
~特に北海道に向けて~

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議より(完)

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が2日にまとめた見解を教えてください

 北海道の皆様ができること

 武漢では社会機能を停止させることによって感染拡大の収束に向かっていますが、現時点では、日本では社会機能を可能な限り維持しつつ、感染拡大を最大限に抑制することが求められています。そのためには、できる限り多くの人々に、次のような行動をとっていただきたいと考えています。

(1)軽い風邪症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけなど)でも外出を控えること

(2)規模の大小に関わらず、風通しの悪い空間で人と人が至近距離で会話する場所やイベントにできるだけ行かないこと(例えば、ライブハウス、カラオケボックス、クラブ、立食パーティー、自宅での大人数での飲み会など)。

 ただし症状のない方にとって、屋外での活動や人との接触が少ない活動をすること(例えば散歩、ジョギング、買い物、美術鑑賞など)、手を伸ばして相手に届かない程度の距離をとって会話をすることなどは、感染のリスクが低い活動です。

<北海道の事業者の方へのお願い>

 症状が軽く、経済・社会活動が活発な人々を介して感染が静かに拡大していることが、今回、明らかになってきました。したがって事業所等における活動も、テレワーク、リモートワーク、オンライン会議など、人と人が接触しない形態を大いに活用してください。出張も最低限に抑制して下さい。

 ただし、社会機能の維持に関わる事業者や医療機関においては、事業や診療の継続が必要です。国民生活に影響を及ぼさないように、感染防御に十分注意して事業や診療を行ってください。

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が2日にまとめた見解を教えてください

 全国の若者の皆さんへのお願い

<10代、20代、30代の皆さん>

 若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。

 でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。以上