人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

真夜中のリモート見学会

tweet
2020/06/20掲載(美幌町/社会・教育)

美幌バイパス補修を生配信

河西建設が北見工大の学生に

 国道39号美幌バイパスの舗装補修工事現場で18日、北見工業大学の学生向けのリモート見学会が行われた。工事を請け負う河西建設㈱(北見市)の井上靖夫工事係長らがウェブ会議システムを通じて作業の様子を配信しながら解説した。

 同社は土木建設への関心を高めてもらおうと大学生や高校生を対象に現場見学会を開いている。今年は新型コロナウイルスの影響で開催を見送ったが「何とか別の方法で開催を」(係長)と、同大学の富山和也准教授の協力を得てリモート見学会を実現させた。

 工事は6月8日~7月3日、バイパス延長8.8㌔を平日の夜間通行止めにして路面を補修。リモート見学会は工事中の深夜に行われ、富山准教授のもとで学ぶ工学部社会環境系の3年生40人ほどがそれぞれの自宅からインターネットを通じて参加した。

 路上には路面切削機やロードスイーパー、アスファルトフィニッシャーなどの工事車両が並び、富山准教授が動画撮影と進行、係長が解説を担当しながら配信。チャット機能で学生とやり取りをしながら、舗装工事の様子をリアルタイムで伝えていた。  (柏)