人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

能取湖ホッカイエビ今季は出漁へ

tweet
2020/07/09掲載(網走市/社会)

網走の特産

 資源量の減少から昨季は自主休漁となっていた、網走市の能取湖でのホッカイエビ漁について、西網走漁協は、今季の漁は行うことを決めた。同漁協は今季の漁獲量を10㌧に制限した上で、「日々の漁獲量の推移を見ながらホッカイエビの資源量を維持していきたい」としている。

西網走漁協、10㌧に制限し

 近年、能取湖のホッカイエビは減少傾向にあり、昨年は資源量を確保するため自主休漁措置が取られた。同漁協などは先月に同湖の調査を行った結果、今季はホッカイエビ漁を行うことを決めた。

 今季の能取湖のホッカイエビ漁は7月16日から始まる。同漁協は今季制限の10㌧を見据えた上で、日々の漁獲量の推移を見守りながら漁期などについて検討していくという。

 ホッカイエビは網走を代表する特産魚種の一つ。しかし近年は、能取湖のほかサロマ湖でも資源量は減少傾向にある。

 過去に能取湖で自主休漁したのは2003年、15年、19年の3回。過去20年の漁獲量を見ると、最も多かったのは2000(平成12)年の70㌧。その後は減少を続け、14、17年は15㌧、16年10㌧、18年は9㌧となっている。

 特産魚種の漁獲量の減少は、地域経済にも大きな影響を与える。こうした状況に危機感を抱いた市は2年前から、東京農大網走と連携した調査・研究を進めている。

 同漁協は「6月の資源量調査の結果では以前ほど回復してはいなかったものの、昨年と比べると兆しは明るく、今季の漁を行うことを決めました」などと話していた。  (大)