人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

訓子府の子ども達 活動本格化

tweet
2020/09/18掲載(訓子府町/教育)

居武士小は運動会を実現

訓子府小・中学校吹奏楽バンドは野外コンサート

 新型コロナに負けず、訓子府町の子ども達が活動を本格化させている。6日には心待ちにしていた運動会や野外コンサートを行い、元気ぶりを披露した。

 居武士小学校(児童数21人)は例年6月初旬に実施している運動会を3カ月遅れで実現させた。教員らが後ろ向きにならず「できることはないか」と児童達のことを思って準備。観客を家族らに絞り、種目の綱引きはやめ、玉入れは児童を半数ずつ分けてと工夫し競技。それでも大玉転がしや遊戯、最後の紅白リレーまで12種目の立派な大運動会をやり遂げた。

 室内がだめなら屋外でと訓子府町の小学校と中学校の吹奏楽バンドが野外コンサートを同中学校広場で開いた。

 訓子府小学校スクールバンド(18人)は本来ならばコンクールで演奏するはずだった課題曲などを、訓子府中学校吹奏楽部(同)はコロナ禍のなか、オンライン合奏で練習してきたアニメ曲などを披露した。同部が観客の前で演奏するのは今年度初めて。遠巻きに集まった約70人の聴衆を前に、同部の部長(3年)は「聴いてもらえて良かった。楽しかった」と笑顔で話した。(寒)