人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

私は言いたい

tweet
2020/09/19掲載(北見市/本誌連載)

北見市庁舎の紋章(シンボルマーク)について

 6階建ての新北見市庁舎が9月末に完成する予定です。東西両方の壁に大きな文字で「北見市役所」と書かれ、市民の多くが誇りに思っている紋章(シンボルマーク)の「分銅北」は、正面玄関に掲示されると聞きました。しかし他の場所に紋章はなく、それでは目立たないと思います。

 昭和17年に北見市が誕生。昭和22年、当時の伊谷半次郎市長のもとで紋章が制定されました。分銅北には「秤の要素は正である。正は真理であり師表である。自治体の善悪はこの『分銅北』によって秤り諮詢される将来の理想を意味し合せて財的に豊かなるを祈念せる『分銅』と『北』の一体図案化」という意味があります。

 先祖が将来の市の発展のために残したものを、大切にしていただきたい。(北見市、Y・K)