人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北海道指導林家に認定

tweet
2020/10/06掲載(北見市/社会)

北見市端野の男性が…

公務員退職後に山林を取得、丁寧な育林で模範的な活動を実践
「子ども達が気軽に来れる山に」

 北見市端野の男性(70)が2019年度北海道指導林家に認定され、9月29日に端野総合支所で認定証の伝達式が行われた。

 道は、地域の模範となる林業経営を実践する林家(山林保有者)を認定しており19年度は道内で8人、このうち管内では男性1人が認定を受けた。

 登山愛好家の男性は国家公務員を退職後、「自然に囲まれて過ごしたい」と町内の山林を取得。現在は約19㌶を所有し、このうち約14㌶がカラマツを主体とする人工林となっている。

 「体を動かすことが苦にならない」という男性は毎日のように山林に通い、除伐や枝打ちなどの保育作業に従事。木育活動にも積極的で、多様な動植物がすむ公園のような山林を目指しているという。現在、端野林業グループの会長などを務めている。

 オホーツク総合振興局東部森林室の室長から認定証、腕章、バッジの交付を受けた男性は「子ども達がいつでも気軽に来れる山林にしたい」と笑顔で話していた。(柏)