人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ハッカの香りで和めるマスクケース開発

tweet
2020/10/23掲載(北見市/社会)

北見の㈲サンケイプリント社

店名入りなどオリジナルケース作成も可能
情報ナウ

 北見市常盤町の㈲サンケイプリント社(紺野留義社長)は、携帯用のオリジナルミントマスクケースを開発した。ケースを開いてマスクを挟んで保管でき、外食時のエチケットなどとして有効だ。

 約2カ月の開発期間を経て誕生したマスクケースは2種類。ケースを開いた中にある特殊印刷された部分をこするとミントの香りが広がるタイプと、マスクに貼り付けると呼吸のたびにミントの香りがするシールが付いたタイプだ。

 紺野社長は「今だからできることを知恵を絞りながら試行錯誤した結果生まれた商品です。これから先、まだまだマスクは必要。ハッカの香りで和んでいただけたら」と話す。

 デザインも複数あり、中でも高級感のある紙を使ったメタリックシリーズが好評。価格はいずれも税込み400円。

 同社は6月から使い捨てタイプのマスクケースを取り扱い10万枚を印刷したが「お客さんの声を聞き、繰り返し使える携帯型のケースも需要があると感じた」という。来店者がマスクを外すことがあるホテルや外食、理美容室などに対し、店名などを入れたオリジナルマスクケースの作成も提案している。

 問い合わせは同社(0157・23・3018)へ。    (公)