人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市小泉に菅原眼科開院

tweet
2020/11/12掲載(北見市/社会)

目の健康支え、生活の質高めるお手伝いを

 北見市小泉の国道39号沿い(東9号線)に菅原眼科(菅原亮一院長)が開院した。地元出身の菅原院長(48)は「高齢者をはじめ幅広い世代の目の健康を支え、生活の質を高めるお手伝いをしていきたい」と抱負を語る。

北見出身・菅原 亮一院長(48)
管内初導入の最新医療機器など揃え
診察番号をスマートフォンに表示 待ち時間の有効活用も

 クリニックでは最新の医療機器をそろえ、経験豊富な菅原院長が病気の早期発見や早期治療、患者の様々な負担軽減に向けた取り組みを進めている。

 広角眼底カメラは、眼底疾患の早期発見や検査時間の短縮につながる機材で、オホーツク管内では初めて導入した。このほか、スマートフォンなどに診察番号が表示される順番管理システムを採用。待合室のモニターだけでなく、院外でも自分の順番がリアルタイムで確認でき、診察までの待ち時間を有効に活用できる。「ストレスが少なく快適に診療を受ける一助になれば」と菅原院長。

 白内障や緑内障など高齢者に多く見られる目の病気をはじめ、増加する子どもの近視など幅広い世代の目の健康を支える体制づくりを進め、「40歳を超えたら年に1度は眼科健診を」と呼びかけている。

 土・日・祝日は休診。診療内容など詳細はHPに掲載。問い合わせは同眼科(0157・23・8000)へ。

【略歴】北見市出身で北見市立緑小学校、美幌町立北中学校、函館ラ・サール高校を卒業。旭川医科大学を卒業後、同大学眼科学教室に入局。その後は北見赤十字病院眼科部長、みはら眼科(広島県福山市)、吉田眼科病院(函館市)勤務などを経て菅原眼科を開院した。

 

オホーツクの眼科医院で初導入となる広角眼底カメラ

オホーツクの眼科医院で初導入となる広角眼底カメラ

最新の機器を揃えたクリーンな環境の手術室

最新の機器を揃えたクリーンな環境の手術室