人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

雑巾縫うタオル類不足

tweet
2021/01/08掲載(北見市/社会)

北見赤十字奉仕団

提供呼びかけ

 北見自治区の小中学校、福祉施設のために毎年雑巾を縫い、寄贈している北見赤十字奉仕団北見地区が、雑巾の材料となるタオルや手ぬぐいが不足して困っている。同地区事務局は「ここ数年材料となるタオル類が不足し、作製に苦慮しております。ご家庭に不要になったタオル類がございましたら、寄贈をよろしくお願いいたします」と材料の提供を呼びかけている。

 1986(昭和61)年から続いているボランティア活動で、毎年団員が心を込めて縫った3~4千枚を寄贈し、喜ばれてきた。

 これまで材料は、団員が持ち寄ったり知人らから集めていたが、年々数が減少。さらに市街地の団員が毎年集まって行ってきた雑巾縫いも、新型コロナウイルス感染予防のため中止になり、一部には雑巾寄贈を止めるという案も出たという。しかし、「やれることをやろう」と市民に協力を呼びかけながら続けることになった。

 提供を受け付けるのは、タオル(バスタオル含む)や手ぬぐい、シーツなど。使用済みのものは洗濯し、においや汚れがひどいものは受け付けられない。

 受付期間は29日まで。日赤地区事務局(北見市保険福祉部総務課、新庁舎1階)で受け取るほか、事務局が取りに行くことも可能。問い合わせは事務局(0157・33・1136)。