人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 北見市高齢者保健福祉 (3)

tweet
2021/01/27掲載(北見市/社会)

~介護保険事業計画より高齢者を取り巻く現状

 高齢化が進む北見市では、介護保険制度の利用規準となる要介護・要支援者の認定数も増加が続いている。

高齢化進み要支援・要介護者が増加
認知症者や施設での看取り数も増
求められる持続可能な介護サービス体制の構築

 北見市高齢者保健福祉・介護保険事業計画案(2021~23年度)によると、18年度の認定者数(要支援1~要介護5)は7764人だったが、20年度は8050人に増加。次期計画最終年度の23年度は8448人となる見通しで、18~23年度の5年間で684人(8.8%)の増加。将来的には25年度が8774人、40年度が9593人と予想され、持続可能な介護サービス体制の構築が求められている。

 認知症者の数も増え続けており、20年度の要介護(要支援)認定者7986人のうち、認知症ランク2(※)以上の人は4923人で61.6%を占める。

 高齢者施設での看取り数も2013年度は130件、2017年度には200件に増えた。施設看取りの約4割が特別養護老人ホーム、次いでグループホーム、有料老人ホーム。

 特別養護老人ホームの待機者数は20年4月末現在415人で前年比16人減少。在宅の待機者は136人となっている。

 ※認知症ランク2=日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる。   (柏)