人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

津別町が予算案発表

tweet
2021/03/10掲載(津別町/政治)

2021年度一般会計59億6400万円

 津別町は5日、2021年度予算案を発表した。一般会計は59億6400万円。役場庁舎と消防庁舎建設、一般廃棄物最終処分場整備など大型事業がほぼ完了したことで、過去最大だった20年度当初比34.9%の大幅減。5つの特別会計を含めた総額も84億1500万円で、同27.9%の減となった。

大型事業ほぼ完了で34.9%の大幅減

 佐藤多一町長は「大型事業がほぼ完了したことで、落ち着いた予算に戻ってきた」と説明した。

 一般会計の歳入は、町税を同2.1%減の5億3979万2千円。地方交付税を同2.0%減の25億円と見込んだ。町債は同81.2%減の6億6570万円。

 主な事業では、林地残材を利用してチップを生産する木質バイオマスセンター整備に向け、実施設計を行う。

 小学校は校舎の長寿命化改修工事に2億2968万円を計上。子どもの医療費助成は、これまでの中学生までから18歳までに拡充する。

 津別病院などの改築に備えるため20年度に創設した津別町病院施設整備基金に3千万円を積み立てる。3月の町議会定例会にも7千万円の基金積み立てを提案する計画で、合計1億円になる見通し。

 豊永の共同墓地への合葬墓整備に763万円を投じる。  (浩)