人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

特別展「びほろのアケボノ」

tweet
2021/03/24掲載(美幌町/歴史)

27日から

美幌博物館が旧石器時代を紹介

 美幌博物館は27日(土)から特別展「びほろのアケボノ~旧石器時代の遺跡」を開く。石器などの史料を通じ、1万年以上前に美幌にいた人々の暮らしぶりを紹介する。

 遺跡関係では2013(平成25)年の「発見!!太古の元町」以来8年ぶりとなる特別展。今回は美幌に分布する遺跡のうち最も古い旧石器時代に焦点を当てる。

 網走川両岸に位置する美禽や元町などの遺跡から出土した石器を展示。やり先の尖頭器や動物の皮をはぐ際に使ったとされる掻器などを紹介する。石器がどのように使われていたかをイラストを交えて解説する予定という。

 等身大のマンモスや、日本列島が一時的に温暖化した際に南から来たとされる縄文人とのかかわりなどもパネルで紹介。担当する学芸員は「太古の歴史に興味を抱いてもらえる展示にしたい。石器の美しさも見てもらえたら」と話している。    (浩)