人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

シリーズ北見市の文化財 (17)

tweet
2021/03/31掲載(北見市/本誌連載・歴史)

一区開基百十年記念碑

端野町一区の開拓は1897年から
大木、大地、常呂川をイメージ

 北見市端野町一区の開基百十年記念碑が2006(平成18)年、一区生活センター前に建立された。

 一区の開拓は屯田兵の33戸が1897(明治30)年、31戸が翌年に入地して始まった。1981(昭和56)年、開基85周年記念事業として一区部落史を作成したが、その後は96年の100周年など、記念事業を行っていなかった。

 「洪水などの自然災害、冷害凶作を不屈のフロンティア精神で乗り切ってきた先人の歴史を後世に伝えていくために、110周年の節目には記念事業を」と、記念碑を建立した。

 豊かな自然の大木、大地、常呂川をイメージしたデザイン。「太陽と水と緑の郷」の文字が刻まれている。年表で地域の歴史に触れ、記念碑建立時の61世帯の居住地図も記されている。(成)