人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

市長が新型コロナ感染の北見市…

tweet
2021/05/12掲載(北見市/社会)

濃厚接触の職員は2人

 北見市は11日、新型コロナウイルスに感染した辻直孝市長との濃厚接触者2人を含む職員13人を自宅待機させたことを発表した。13人は随時、PCR検査を受け、市は結果が分かり次第、公表する。

副市長と市職員の計13人を自宅待機に、PCR検査へ

 市によると、13人は4日、6日、7日に辻市長と打ち合わせを行った副市長と部長職4人、次長職2人、課長職1人、係長以下5人。このうち、部長職1人と課長職1人が濃厚接触者とされ、そのほかの11人は濃厚接触者ではないが検査を受ける。

 また、辻市長は10日から入院中だが軽症で、電話での連絡が可能なため職務代理者を置かず、市役所業務は現段階で通常と同様に行えているとした。

 辻市長は文書で「当面の間、公務にあたることができず、市民の皆さまをはじめ、関係者の皆さまにご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」とのコメントを出した。

 そのほか、市は辻市長が7日と8日に市内の飲食店で私的な会食を行ったと公表した。いずれも参加は4人以内、時間は2時間以内で、市職員の参加はなかったという。 (匡)