人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見信用金庫が創立90周年

tweet
2021/05/14掲載(北見市/社会)

成長・結実楽しみに…100周年には記念ワインを

ぶどう苗植樹し記念事業
情報ナウ

 創立90周年を迎えた北見信用金庫(金田充郎理事長)の記念植樹が11日、北見市内で行われた。ワイン用の苗木をぶどう畑に植樹し、成長を願った。

 1930(昭和5)年11月14日に野付牛信用組合として創業。42(同17)年に北見信用組合、51(26)年に北見信用金庫と改組し長く地域ナンバーワン企業を継続している。

 コロナ禍で、記念事業は大規模な催しや集客を伴うイベントを控え、職員のみで上ところ金刀比羅さくら公園にエゾヤマザクラの苗木を植樹。血液不足と知り、職員をはじめ地域住民の協力を得て94人が献血活動を行った。

 市端野町緋牛内のインフィールドワイナリーには同金庫の片山隆文専務理事らが赴き、北見産ワインづくりに挑戦する㈱未来ファームの中野克巳社長とともに国産ぶどう品種・山幸(やまさち)の苗木を植えた(写真)。大型連休中には職員が家族連れで訪れ約200本植樹している。片山専務は「業務と同様、夢や目標に向かって成長、結実し、創立100周年にはおいしい記念のワインを」、中野社長は「成長の様子を家族連れで見に来てください」とそれぞれ期待の言葉を述べた。

 職員らは時間をみつけて、下草刈りやせん定、収穫作業を手伝いに訪れたい考え。(寒)