人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

網走「はな・てんと」造成へ

tweet
2021/06/11掲載(網走市/社会)

今季は43団体が協力

昨年の作業(網走市提供)

昨年の作業(網走市提供)

 網走市の天都山中腹にある花園「フラワーガーデン『はな・てんと』」(約3.5㌶)の今季管理をボランティアで担う、市民グループなどが決まった。学校や企業、友人グループなどの43団体が、まちの観光地づくりに名乗りを上げ、苗植えや草取りなどに汗を流す。

 「はな・てんと」は、夏季は未利用な網走レークビュースキー場の頂上付近に造成。市民が管理を担っているのが特徴で、網走の新たな観光地として定着した。

 今季のボランティア団体は、“新人”参加が目立つ。市観光課によると、15団体が初参加。加えて「一定のブランクを経て再び参加してくれることになった団体もおり、感謝しています」(同課)。

 花園はサルビア、マリーゴールド、ケイトウ、ベゴニアで彩る。当初は6月上旬に苗を植える計画だったが、コロナ緊急事態宣言が延長されたことから、同21日からに変更された。    (大)