人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

叙勲・旭日小綬章を伝達

tweet
2021/06/17掲載(置戸町/社会)

置戸の前町長・井上久男氏へ

「町民、妻へも感謝」
春功労の談、和やかに

町の関係者と記念写真に収まる井上夫妻(左から3、4人目)

町の関係者と記念写真に収まる井上夫妻(左から3、4人目)

 今年度春の叙勲で、旭日小綬章を受章した置戸町の前町長・井上久男氏(74)への賞状と記章の伝達式が10日、置戸町役場で行われた。

 町の関係者が見守るなか、深川正美町長が「長年にわたる地方自治への功労をたたえる」とする賞状を代読し、記章を手渡した。井上氏は「町民、町議、町職員の皆さんに、ひたすらお礼申し上げたい」と謝辞を述べた。

 井上氏は町職員をへて、2000年から昨年6月まで5期20年間町長を務めた。今年2月には名誉町民として表彰されている。

 町長室に場所を移し、山本勲名誉町民、岩藤孝一町議会議長らを交えた歓談の席ではもっぱら、コロナ禍の中での健康づくりが話題に。井上氏が「パークゴルフ場のシーズン券を買った。早く再開してくれ」と深川町長にせがむと「もう少し辛抱して」と笑いが飛び交う和やかな席となった。

 深川町長が「ご功績を認めていただく陰で、奥様も大変だったと思う」と、ともに役場で働いた立場で振ると井上氏は「支えてくれたのは間違いない。これからは家の中でも努力します」と同席した妻の敦子さんに感謝した。

 井上氏は「これからも皆様にお教えいただきながら、まちのために尽くしていきたい。1人の町民としてつきあってもらえれば」と礼を述べた。  (寒)