人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

8月から小学生の通院医療費を助成

tweet
2021/06/25掲載(北見市/社会)

北見市 子ども医療費助成の対象拡大

 北見市は8月から、「子ども医療費助成」の対象を拡大し、小学生の通院医療費を助成対象に加える。これまでは3割負担だった小学生の通院医療費が、課税世帯は1割負担に、非課税世帯は初診時一部負担金のみに変更され、子育て世帯の負担が軽減される。

課税世帯は1割負担 非課税世帯は初診時一部負担
受給者証は7月下旬、対象世帯に郵送

 市の子ども医療費助成制度の対象は0歳~中学生。現在、入院と訪問看護は全員が助成対象だが、通院の助成対象は未就学児のみ。小中学生は対象外で医療費の3割を自己負担としている。

 制度改定後の通院医療費は、小学生の「課税世帯」は1割(月額限度額1万8千円※)が自己負担、非課税世帯は初診時一部負担金(医科は580円、歯科は510円)が自己負担となる。ただし生活保護受給世帯や一定額を超えた所得のある世帯は対象外となる場合がある。

 未就学児の通院医療費は現行制度と変わらず、課税、非課税世帯を問わず初診時一部負担金のみの負担。中学生は現行のまま3割負担。

 助成を受けるには「子ども医療費受給者証」が必要で、市は毎年7月下旬に対象世帯に郵送している。過って紛失や廃棄してしまうと再発行に一定の時間や手間がかかることから、注意を呼びかけている。

 問い合わせは市国保医療課(0157・25・1130)または各総合支所保健福祉課へ。

 ※年間の上限額は14万4千円。  (柏)