人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

不登校児のためのオンライン授業も

tweet
2021/06/28掲載(北見市/社会)

一部の市立学校で…
7月から家庭での端末活用を施行

北見市、定例市議会一般質問で発表

 定例北見市議会は25日、議員3人が一般質問を行った。市は7月から、一部の市立学校で家庭での端末活用を施行することを明らかにした。

 浦西孝浩議員(市民・連合クラブ)への答弁。浦西議員は不登校児の支援のためタブレット端末を活用してオンライン授業を実施している自治体もあるとし、市の考えをただした。

 佐々木賢一学校教育部長は7月から小学校7校、中学校3校、義務教育学校1校で家庭での端末活用を施行するとし「成果・課題を明らかにしてオンライン授業での活用も検討したい」と述べた。

 斎藤昭利議員(公明党)は災害時に市民が要支援者を救助する際、要支援者が負傷しても補償の対象にならないことから、制度の創出を求めた。小原智防災危機管理担当部長は「先進事例も含め調査・研究に努める」とした。

 一般質問はこの日で終了。28日から各常任委員会が行われる。(匡)