人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

北見で「浴衣和裁教室」最終日

2021-08-13 掲載

(北見市/文化)

10回にわたり、子や孫のため学ぶ

 子どもや孫のための浴衣作りを学ぶ浴衣和裁教室がこのほど、北見市緑地区住民センターで最終日を迎えた。全国技能士会連合会マイスターの和裁士・遠藤光江さんらを講師に、女性8人が10回にわたって学び、子ども用の浴衣を完成させた。

 北見市の委託事業として、技能の伝承を目的に結成した「匠」きたみの会が主催。毎年開催しているが、新型コロナウイルス感染症の影響で昨年は中止になり、今年は日程を途中で変更するなど対応しながら実施した。

 この日は、少し大きめに作った浴衣を、現在の子どもの体格に合わせて肩などを上げて縫う、仕上げの作業を中心に行った。参加者はそれぞれ子どもや孫の姿を思いながら、ひと針ひと針丁寧に縫っていった。

 北見の30代の女性は「子どもの保育園で何度か見様見真似で着物を作ったことがあり、本格的に習ってみたくて参加しました。全部手縫いなので、最初はどうなるかと思いましたが、楽しかったです」と完成間近の浴衣を手に笑顔で話していた。   (菊)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 浴衣和裁教室

関連記事