人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

北見の小中学校で「あすチャレ!」

2021-12-06 掲載

(北見市/スポーツ・教育)

北光小では6年生が車いすバスケ

できる、できない…関係ない
パラアスリートに学ぶ

 障がい者スポーツの理解が広がっている。

 パラリンピックに出場したパラアスリートから、夢や目標を持つ力などを学ぶ出前授業が北見市内5小中学校で行われた。

 日本財団パラリンピックサポートセンターが㈱ブリヂストン、日本航空㈱の協賛を得て実施するパラスポーツ体験型出前授業「あすチャレ!School」。北見北光小では6年生70人が車いすバスケットボールに挑戦した。

 講師は東京パラリンピックでテレビ解説を務めた根木慎志さん。自身もシドニーパラリンピック出場経験をもつ元・車いすバスケットボール日本代表チームキャプテン。

 児童は競技用の車いすに乗り、試合形式で体験。6年女子児童は「スピードが出て緊張した。パラ競技をもっと知って、パリパラリンピックで応援したい」と感想を語った。

 根木さんは「できる、できないは関係ない。可能性を信じることをみんなで学べることは素敵なことだ」とメッセージを送った。(寒)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • パラスポーツ体験出前授業

関連記事