人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

介護職員初任者研修

tweet
2017/07/31掲載(網走市/社会)

網走市が受講者募集

受講料は全額補助
ホームヘルパー育成に

網走市は、市内の介護人材の不足を補うため、ホームヘルパーとして働くために必要な資格「介護職員初任者研修」の受講料を平成29年度から全額補助している。

 同研修は、旧ヘルパー2級相当の資格。介護を行う人に必要とされる基礎知識・生活支援技術を習得し、基本的な介護業務が行えるようにする内容だ。

 市は、研修にかかった経費全額を補助する。受講料など約7万5千円を市が負担することで、ホームヘルパーを増やしたい考えだ。

 市によると、市内では高齢化の進行などに伴い、ヘルパーに生活支援してもらう高齢者が増加傾向。28年度の利用は約700人で、24年度と比べて約100人増えた。

 一方、市内の9訪問介護事業所の人材は不足傾向。網走公共職業安定所が7月26日に発表した6月の雇用月報によると、ホームヘルパーを含む「サービス」分野の有効求人倍率は2.72倍で、人手不足が顕著になっている。

 市の29年度補助枠は11人分で、詳しくは市介護保険係(TEL 0152-44-6111)へ。    (玲)