人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

住民センターで初の作品展開催

tweet
2017/10/24掲載(北見市/社会・文化)

北見市東相内地区の運営委が企画・開催

北見市東相内地区住民センターの利用団体や地域住民による作品展が、同センターのロビーで開かれている。センターの指定管理者の運営委員会が、地域の文化振興につながればと初めて企画した。書道や写真などがずらりと並んでいる。27日まで。

「文化振興につながれば」
利用団体や地域住民の書道や写真ずらり、27日まで

運営委事務局長の女性によると、東相内では町民運動会などスポーツ系の地域行事は開かれているが、文科系のイベントがなかったため、今年4月にリニューアルオープンした住民センターを文化振興の場にしたいと、初めて企画した。

 センターの利用団体に出品を呼び掛けたほか、回覧板などを使って地域住民に周知したところ、児童センターの子ども達や福祉施設のお年寄りからも出品があり、初回ながらにぎやかな作品展になった。

 展示されている作品は書道、写真、トールペイント、絵手紙、ガラス彫刻、絵画、ちぎり絵、着物をリメイクした小物などさまざま。見学に訪れた女性の1人は「欲しいと思うような素敵な作品がたくさんありますね」と見入っていた。

 女性は「地域の文化振興とともに、センターの利用増にもつながればという思いです。今後も継続していきたいですね」と話している。   (匡)