人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

管内農作物、今年最後の状況発表

tweet
2017/10/25掲載(網走管内/社会)

オホーツク総合振興局

15日現在、平年並みで収穫できそう

オホーツク総合振興局は20日、今年最後の管内農作物の生育と農作業の進ちょく状況(15日現在)を発表した。今年はいずれの作物も平年並みの生育で収穫期を迎えることができそうだ。

 調査対象10作物のうち、5作物で秋の収穫が終了。水稲が6日遅れだったものの、牧草、飼料用トウモロコシなどは平年並みで収穫を終えた。

 15日時点で、ジャガイモの収穫作業は平年よりやや早く進んでおり、ビートの収穫作業は平年より2日早く始まった。

 同振興局は「6、8月が低温だったものの、ビートやジャガイモの生育は早かった。管内の今年の農作物は総じて平年作だったと言えそうだ」と話している。     (玲)