人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

管内産玉ねぎをオランダへ

tweet
2017/10/28掲載(置戸町/社会・話題)

置戸の丸富青果46トン出荷

国際規格基準取得と施設整備により
情報ナウ

青果卸売会社の(有)丸富青果(置戸町)は25日、北見市内の同社集出荷貯蔵施設からオランダに輸出するオホーツク管内産玉ねぎ46トンを出荷した。直径10センチ前後の2Lサイズ。船便で苫小牧から韓国・釜山を経由し、12月上旬オランダに到着予定。

 同社は平成21年、生産者4人と協力して、安全・安心な農作物を作るための国際規格基準GLOBALGAP(グローバルギャップ)の団体認証を取得した。これまでシンガポールや台湾などへの輸出実績を持つ。

 農林水産省の平成27年度強い農業づくりの支援(農畜産物輸出拡大施設整備事業)に採択され、今年2月には北見市内に玉ねぎの集出荷貯蔵施設が完成した。グローバルギャップ取得と集出荷貯蔵施設整備により今回、東京の商社を通じてオランダへの出荷提案があり、輸出が実現した。

 丸富青果の常務は「取り引き先に選ばれて光栄。販路拡大につながれば」と話している。  (成)