人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

交通事故死ゼロへ再スタート

tweet
2017/11/14掲載(大空町/社会)

大空町で決起集会

10月に町内で発生受け誓い新たに

大空町の交通事故防止決起集会が10日、女満別研修会館で開かれた。10月に町内で死亡交通事故が発生したことを受け、参加した町民らがあらためて交通事故撲滅への誓いを新たにした。

 10月27日に女満別住吉の交差点で乗用車と軽トラックが衝突。軽トラックを運転していた北見市在住の男性が死亡した。

 町内では平成22年3月16日以降、交通事故死ゼロの日が続いていた。町は3千日を目標に掲げていたが、2783日で途切れた。

 大会には女満別、東藻琴両地区の交通安全協会をはじめ、大空町交通安全防犯推進委員会の加盟団体から約160人が参加。山下英二町長はあいさつで「新たな目標を掲げなければならない。目標達成は一人ひとりが事故を起こさない、遭わないよう常に注意する以外に道はない」と、目標達成への積み重ねの大切さを訴えた。

 今回の事故が発生した本郷自治会の交通安全防犯部長、男性が「交差点では減速し、必ず一時停止をする」「常に思いやりのあるゆとり運転を心がける」などと決意表明した。

 町は、町内で交通事故が多い時期や路線、交差点などの分析を進めている。このうち、外国人観光客を含めたレンタカー利用者の通行が多い女満別空港~大成・大東間の交差点などに近くのぼりを掲げるなど交通安全の訴えを強める。   (浩)