人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

網走市が水道ビジョン素案

tweet
2017/11/23掲載(網走市/社会・告知)

「安全」「強靭」「持続」基本目標に作成

網走市は、今後の水道事業を進める上での指針とする「水道ビジョン」素案をまとめた。基本理念「網走のおいしい水を未来まで」に向けた、漏水・災害対策などを盛り込んでおり、素案に対する市民の意見を踏まえた上で今年度内に策定する。

漏水・災害対策など盛り込み
市民の意見12月14日まで募集

「水道ビジョン」の計画期間は平成30年度からの10年間(39年度まで)。現行の「市水道事業基本計画」の後継と位置づけ、素案は厚生労働省や北海道の水道ビジョンを基にした。

 素案では基本理念に従った基本目標として、「安全」「強靭」「持続」を掲げた。目標を達成するための方針を「水道システムの安定性の向上」「災害対策の推進」「安定した施設構築・水道サービス向上・健全な経営維持」などとし、関連する取り組みを進める。

 災害対策については、想定災害を「地震」と「管路(水道管など)」の2種類に絞り、被害規模や対策などについて明記。市の地域災害防災計画(H24年度策定)と連携し「対策を強化していく必要がある」としている。

 想定した災害の対策を講じる上での課題として、桂町浄水場の浄水・排水施設と送水管の耐震性の確認-などを挙げている。また、病院など緊急時に給水が必要な施設をリストアップし、緊急時に必要な水量の「把握に努めます」と記してる。

 市は、素案に対する市民の意見を12月14日まで募集している。

 問い合せは市水道部営業経営課(TEL 0152-44-6111)へ。    (大)