人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

待合室と診察室を犬・猫で分離

tweet
2017/12/01掲載(美幌町/社会)

美幌動物病院

ストレス軽減、診療スムーズ
情報ナウ

美幌町青山北51の美幌動物病院(高良和恵院長)がこのほど、待合室と診察室を犬用と猫用に分離した。犬、猫それぞれのストレス軽減や、スムーズな診察につなげている。

 8月から9月にかけて病院を増築。入り口を分けて犬と猫の待合室、診察室へとつながる構造に改善した。

 猫の待合室と診察室は、直射日光が当たらない造りにし、診察室自体を小さくすることで猫がストレスを感じないよう配慮。猫が落ち着くというフェロモンを発生する装置や、待合室にはこたつも設置した。

 犬の診察室は、小型犬から大型犬まで対応する昇降式の診察台を新たに導入。増築により手術室も拡張した。

 分離前は、犬が待合室で居合わせた猫に興味を示し、驚いた猫が興奮状態で診察室に入ってくることもあった。分離により落ち着いた状態で診察ができ、待ち時間も減ったという。高良院長は「動物が落ち着くことで仕事のしやすさにもつながっている。こうした流れは今後、増えていくのでは」と話している。(浩)