人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

今年も大活字本寄贈

tweet
2017/12/04掲載(美幌町/社会)

美幌・図書館と歩む会が古本市益金で

美幌町図書館を支援する「図書館と歩む会」が11月30日、図書館に大活字本23冊(7万6千円相当)を寄贈した。

 会は図書館で例年開かれる古本市で、町民への古本提供呼び掛けや会場の設営、当日の運営など全面的に協力している。

 大活字本は10月に開かれた今年の古本市の収益金で購入した。池波正太郎「真田騒動」(上下巻)、真山仁「プライド」(上下巻)など11タイトル。会長が役場で「古本を購入してくださった皆さんの善意が寄贈につながっている。大いに活用していただけたら」と平野浩司教育長に渡した。

 平野教育長は「高齢の方や目の不自由な方を中心に喜ばれている。しっかり管理したい」と感謝した。

 会は平成7年度以降今回を含め23回にわたり大活字本などを寄贈。寄贈の総額は159万7400円相当になる。図書館は大活字本約900冊を所蔵。約半数の436冊が会からの寄贈という。  (浩)