人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

フィジットで市民公開セミナー

tweet
2017/12/13掲載(北見市/社会)

管理栄養士が最新情報

ご飯を食べてダイエットを

栄養と運動の専門家から、サプリメントやカロリーといった気になる情報を聞く、市民公開セミナーが9日、北見市内のスポーツクラブ・フィジットコンディショニングで開かれた。「脂肪分を消費するためには炭水化物が足りてないとだめ」「ダイエットで体重を測るのは間違い」など、目からウロコの情報が、ぽんぽん飛び出した。

 同クラブとプラス整骨院が主催する公開セミナー。講師は管理栄養士でウエルネスプランニング札幌代表の小松信隆氏。ともに北海道コンサドーレ札幌の管理栄養士とトレーナーを務めた縁で同クラブ代表の大森達也氏が招いた。

 小松氏は「スポーツと食事~間違いだらけの情報の見分け方」と題し、三大栄養素の役割について説明。糖質抜きダイエットは「たんぱく質は血管までは行くが、炭水化物が補給されていないと筋肉細胞に入らない。ご飯を減らすと筋量が減り、脂肪は減らない」と理論を紹介。「いかにエネルギーを使う体にするか。ゆっくりと吸収するおコメなど食事で上手な組み合わせを」と勧めた。

 また「ダイエットは、体のどの部分が減っているのか確認を」と体重計よりもメジャーの活用を勧めた。「筋肉が減っていたら危ない」「体重よりも理想の体型を」「重さよりも形を測定して」と受講者をうなずかせた。

 体に大事な飲み物は甘くはなく高くて・くさくて・まずい、ビタミンCよりもB群に注目、~ゼロ、即効性といったネーミングや個人の感想に惑わされないで-と最新情報。参加者は「知らなかったことが多い」「栄養補助食品に頼らず、きちんと食事を作ります」と感想を語った。(寒)