人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

血管年齢を測定

tweet
2017/12/15掲載(網走市/社会・話題)

まさかの結果に動揺

〔血管年齢測定器〕が網走市の西コミセンに2日間だけ設置されたことから、50歳目前の記者も測定してもらおうと勇んで出かけた。測定結果はなんと「63歳」。実際の年齢より10歳以上も“老い”ていたことに驚きつつ、日ごろの健康管理についての意識がさらに高まった。        (大)

おいおい、10歳以上うえ?
わずか150秒の検査で健康意識高まる
体験記者 走る

測定中の記者

測定中の記者

血管年齢の測定会は、地域住民や企業などからなる西地区地域活動推進協議会が企画した。北海道国保連合会から測定器を借り、11月30日と12月1日の2回実施。参加者は計約130人で、関係者は「こんなに来るとは」と驚いていた。

 記者は測定会の初日に体験。「ボディーチェッカー」なる測定器は、西コミセンのロビーに設置され、ぱっと見た感じは、デスクトップ型パソコンだった。

 モニターの背面部分から伸びるコード。その先はクリップ状になっており、担当する女性に「左手の人差し指をはさむだけいいですよ」と促された。

 「測定を始めました。あまり体を動かさず、話もしないでリラックスしてください」と言われ、待つこと約2分半。「はい、終わりました」。

 とてもあっけなかったが、レシートみたいな結果表を見てびっくりした。「63歳? まさか? なんで?」と少々、動揺した。

 測定器は血管年齢のほか、ストレスもチェックしてしまう優れもの。「どれどれ」と結果表の文字やグラフに目をやれば、なんと〔精神的ストレス〕がマックス状態!!。加えて〔血液循環〕は「悪い」ゾーンに入っているではないか!! 測定後、別室で待つ保健師さんに結果表を見てもらった。「バランスのとれた食生活を心掛けて、食べ過ぎないことですよ」とアドバイスされた。

 測定時間はわずか150秒である。しかし、記者は結果が出てから健康管理について考えを巡らす時間は相当に長い(この原稿を書きながらもふっとよぎってしまう)。ボディーチェッカーの効果は絶大である。市民の皆さん、機会があればぜひチェックを!!

 

記者の結果表

記者の結果表