人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

火の用心で新年を

tweet
2017/12/15掲載(網走市/社会)

網走市内の火災発生件数
13日現在、6件と少なく

網走消防署によると網走市内の今年の火災発生件数は13日現在で6件となっている。網走地区消防組合発足以来最小値で、住宅用火災警報器の普及などが数字の背景にあるようだ。

 市内の年間火災発生件数は過去10年平均で13.4件。今年は半分以下の6件で、昭和46年の同組合発足以来、最も少ない件数で推移している。

 火災が少ない原因として、同消防署は「住宅用火災警報器の普及」「喫煙率の低下によるたばこ由来の火災発生0件」「ごみ焼き規制に伴う野火発生0件」などを挙げている。

 市内の同警報器の普及率は92.3%(6月1日現在)。“うっかり型”の火災発生の未然防止に効力を発揮しているようだ。

 同消防署は「新しい年を平穏無事に迎えられるよう、残り半月間、火の取り扱いには十分注意してください」と呼び掛けている。 (玲)