人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

素人そば打ち段位 最高位に認定

tweet
2017/12/26掲載(美幌町/社会)

美幌手打ちそば同好会 男性(60)

美幌手打ちそば同好会の男性(60)が、一般社団法人全麺協の素人そば打ち段位認定制度で最高段位の五段位に認定された。道東では初めての認定。男性は「そば打ちを通じて地域振興に貢献できたら」と話している。

道東では初「地域振興に貢献できたら」

男性は49歳の時に本格的にそば打ちを始めた。自ら施設長を務めるグループホームのお年寄りにそばを食べてもらいたいと思ったのがきっかけという。昇段試験も積極的に受け続け、平成25年に四段位の認定を受けた。

 五段位の認定は、小論文試験の一次審査、さらに段位認定制度の概要やソバの品種、栄養、歴史などに関する学科試験をクリアして初めて本審査に進むことができる。

 本審査は、地域振興などに関する意見発表と、技能審査の2つ。技能審査は1.5キロのそば粉で10割そばを40分以内に打つ内容で、男性は審査員の厳しいチェックをクリアし、晴れて認定を受けた。

 最高位認定について男性は「そばが上手に打てるということよりも、そばを通じてどれだけ地域に貢献できるかを一生懸命に考えて活動していきたい」と気を引き締める。

 同好会には四段位、三段位など多くの有段者がおり「地域のリーダーづくりにも努めたい」と話している。   (浩)