人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

バレンタインナイト・プラネタリウム

tweet
2018/02/14掲載(北見市/話題・行事)

北網圏北見文化センター初企画

メッセージが夜空に

2月14日を前に北網圏北見文化センターで「バレンタインナイトプラネタリウム」が10日夜、開かれた。同センターが初めて企画し、この日限定の特別上映に、案内役の学芸員の素敵なナレーションがやさしくマッチング。大切な人へのメッセージがプラネタリウムの夜空に浮かび上がり、来館者は温かなひとときを過ごした。

 オリオン大星雲の中では「赤ちゃん星が次々と誕生している」、いっかくじゅう座のユニコーンが夢に現れると「幸運が訪れる」などと冬の代表的な星座を上映して、しあわせをプレゼント。「宇宙の旅人」という番組を通して、今に生きる奇跡を心に響かせた。

 織姫星で有名なこと座の美しく悲しい神話や案内役を務める同センター学芸員・男性の少年時代の義理チョコの打ち明け話もあり、悲しくも和やかな雰囲気に。「いつもありがとう」などと、事前に寄せられた大切な人へのメッセージが映し出され、プラネタリウム室を流れ星がゆっくりと流れた。

 41人の来館者の中には家族連れのほかカップルもちらほら。ほんわかと、やさしい気持ちに浸っていた。(寒)