人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

写真展「道東の風景」

tweet
2018/05/16掲載(北見市/社会・文化)

北見市のまちきた大通ビルで 20日まで

道東、四季折々の美しい風景

北見市内の男性(77)の写真展「道東の風景」が、市内のまちきた大通ビル6階市民ギャラリーで開かれている。四季折々の美しい風景を写した26点を展示している。20日まで。

 屈斜路湖に浮かぶ氷が大風で流され、まるで巨大な波のように積み重なった様子を写した「風の悪戯」をはじめ、大空町のメルヘンの丘、置戸町の虹の滝など、道東の風景が並ぶ。

 中でも、和琴半島で湖一面に現れた「フロストフラワー(霜の花)」を撮影した作品は「寒さも忘れてシャッターを切った」という。「珍しい現象だったので、とても感激しました」と振り返る。

 野鳥を撮影したいと、45年ほど前から独学で写真を始めた。「写したい」と思ったところは、納得がいくまで何回でも足を運んで撮影する。

 「感動をそのまま写真で表現したい。撮りたいものはまだまだたくさんあります。今度は野生動物の作品展もできたら」と話している。    (菊)