人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

新曲「扉のふるさと」発表

tweet
2018/06/06掲載(北見市/社会・文化)

北見で音楽活動続ける 国井 よしのりさん(72)

青春時代をGS調に…
「貧しくも小さな幸せがあった」
映像にも力、WEB版経済の伝書鳩にアップ

作詞・作曲の音楽活動を続ける、国井よしのりさん(72)=北見市=が旧・留辺蘂町のふるさとを思った歌「扉のふるさと」を作った。「貧しくも小さな幸せがあった…」という青春時代を当時流行したGS(グループサウンズ)調に乗せてDVD化。WEB版「経済の伝書鳩」のDMC(デンショバト・ミュージック・クリップ)にアップした。

 国井さんの生まれ故郷は旧・留辺蘂町平里二区。石北峠に向かって温根湯温泉市街地を過ぎ、左手の丘陵地帯から沢沿いに入った奥地だそう。離れて半世紀以上がたち、畑地は荒野から山林に変わり、害獣防止のフェンスが施されて、扉を開けなければ故郷に近づくこともできないという。

 扉を前に国井さんは、16歳当時の自分の姿が思い浮かんだそう。

 祖父母が土地を切り開き、自力で建てた柾(まさ)ぶき屋根の家から温根湯のまちへと9キロの道を通学した。歌詞には開墾の苦労とともに「あの娘と帰る、高原の路♪」「街は遠くに、夕餉の煙…」などと甘酸っぱい思いと小さな幸せをつづった。

 構想3年、制作1年。往時の思い出を切り取り、サビの部分は、かつてのめり込んだGS風に転調し、期待と躍動感をもたせた。近隣地権者の許可を得て、懐かしの桃源郷でフェンダーギターを手に、アンプを持参して歌う様子を動画に撮影し、PV(プロモーション・ビデオ)ばりにドローン空撮も行う力の入れようだ。

 国井さんの「扉のふるさと」は、WEB版「経済の伝書鳩」トップページ左下アラカルト欄「DMC」、またはこちらから視聴できます。  (寒)