人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見で危険物施設管理者研修会

tweet
2018/06/12掲載(北見市/社会)

地震災害への備えや対応など学ぶ

災害図上訓練も実施

危険物施設管理者研修会

危険物施設管理者研修会

平成30年度危険物施設管理者研修会が7日、北見地区消防組合消防本部で開かれた。

 北見地区危険物安全協会などが主催する危険物安全週間(6月3日~9日)の啓発事業。同協会の加盟事業所や管内の消防機関から約70人が参加した。

 北海道消防学校副校長を講師に迎えた。副校長は「事業所等における震災時の対応について」と題し、大規模な地震災害への備えや対応について解説。阪神淡路大震災では救助された人の8割が地域住民による救助だったことを指摘し、地域防災力の重要性を訴えた。

 参加者は8つの班に分かれて災害図上訓練(DIG)にも取り組み、テーブルに大きな地図を広げて災害発生時に求められる行動や対策などをイメージ。副校長は「高齢者など自力避難が困難な人をいかに早く避難させるか、冬に避難路が使えなくなる場合にどうするかなどを考えておくことが大切」と呼びかけた。   (柏)