人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

上ところホタルの里を整備

tweet
2018/06/25掲載(北見市/社会)

北見の水元建設が貢献事業

安全な観賞環境に

土木建設業の水元建設(株)(北見市、佐々木幸二代表取締役)は社会貢献事業で20、21日、市常川の上ところホタルの里を環境整備した。

 社員に上常呂地区出身者がいる縁で10年ほど前から、金刀比羅さくら公園の草刈りをボランティアで行っている。今年は、隣接する同ホタルの里を運営する上ところホタル友の会の要望に応え、ホタル生息地周辺の環境整備を買って出た。

 沢沿いにある里は一昨年8月の豪雨災害を受け、会員達が手作業で修繕しているものの復旧は道半ば。社員6人・延べ12人が2日間かけ、技術を生かして水路の土留め工事を行い、木道を修理、周辺道路の草刈りを行った。同社の課長は「丈夫な木道と水路になった。安全に観賞することができると思う」と汗をぬぐった。

 同会の会長は「会員が年を取ってきたので、こういった好意はうれしい。ホタルも喜んでいるはず」と感謝した。早ければ7月中旬ころからホタルが飛び交うそう。(寒)