人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

メンテOK 船体“帰網”

tweet
2019/01/11掲載(網走市/社会・話題)

流氷観光砕氷船おーろら

20日に出港、準備万端

網走川河口付近を航行する「おーろら」

網走川河口付近を航行する「おーろら」

網走の冬季観光の主役である流氷観光砕氷船おーろらが“帰網”し、20日の初出港に向けた準備が急ピッチで進められている。

 「おーろら」と「おーろら2」は8日夕方、網走川河口付近に建つ道の駅「流氷街道網走」のターミナル船着き場に到着。2隻は釧路市のドックで2カ月にわたるメンテナンスを終え、約1年ぶりに網走市に戻ってきた。

 運航する道東観光開発株式会社によると、今季の予約は8日時点で約23万4千人。昨季より1万1千人ほど多く、同社独自の海外プロモーションを通じた外国人観光客誘致などが奏功しているようだ。

 流氷帯は網走沖まで120キロほどに近づいており(8日現在)、同社は「運航初日に間に合いそう」と期待している。

 問い合わせは同社網走営業所(0152・43・6000)へ。(大)

 

道の駅ターミナルに到着した「おーろら」

道の駅ターミナルに到着した「おーろら」