人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2月5日・端野でフォーラム

tweet
2019/01/24掲載(北見市/告知)

オホーツクの未来を拓くみちづくり

1月25日まで参加受け付け

北見市端野と美幌町高野を結ぶ北海道横断自動車道・網走線(端野-高野間)の事業化に向けて、関係団体などで構成するオホーツクの道を考える会主催「オホーツクの未来を拓(ひら)くみちづくりフォーラム」が2月5日(火)午後2時~4時、北見市端野町公民館グリーンホールで開かれる。参加申し込みを1月25日までFAX(0157・22・2282)で受け付けている。

 テーマは「『地域力』を高める高速道路の『ネットワーク化』の重要性を考える」。基調講演を(株)北海道二十一世紀総合研究所調査部特任審議役の木本晃氏が行い、提言を三星運輸(株)専務取締役の山本秀清氏、網走地区消防組合大空消防署署長の道場文也氏らが行う。

 申し込み方法など問い合わせは事務局の北見商工会議所(0157・23・4111)へ。