人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 北見市の第2期総合計画

tweet
2019/03/19掲載(北見市/社会・本紙連載)

前期基本計画の内容紹介 (6)

基本目標 (3)「産業・観光」
AIやIoTなど新技術導入を支援
観光資源発掘、情報発信で外国人旅行者への対応充実へ

施策の評価指標

施策の評価指標

第2期北見市総合計画・前期基本計画(2019~23年度)の3つ目の基本目標が「産業・観光(にぎわいと活力あふれるまちづくり)」。分野別主要施策として「産業振興」「観光振興」「雇用環境の充実」を掲げている。

 産業振興では農業、漁業、工業の各分野でAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など新技術の導入支援を推進し、生産性の向上や競争力の強化につなげる。林業では担い手の育成のほか、地域材の積極的な活用による安定供給の仕組みづくりを図る。商業ではシニア世代を含む幅広い層の起業・創業を支援し、すでに事業を営む企業が新規事業に進出する第二創業を支援する。

 観光分野では市内の観光資源を発掘し、情報を発信して国内外の誘客につなげる。具体的には、サイクリング旅行などの体験メニューを企画し、映画やテレビドラマ撮影を誘致するフィルムコミッション活動を推進。インバウンド(外国人の訪日観光)の対応として外国人旅行者のニーズに合わせた旅行企画、多言語表記案内などに取り組む。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した情報発信にも努める。

 雇用環境の充実では、企業の人手不足や後継者不足への対応を支援し、年齢や性別を問わず多様な就業希望者に対する就労を支援する。     (柏)