人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 はりきり社会人1年生 (7)

tweet
2019/05/07掲載(北見市/本紙連載)

北見・男性

きたみらい農業協同組合に入組
自分ができる最大限のことを考え、行動を
農家さんに頼られる存在に

この春、きたみらい農業協同組合に入組し、経営支援部ふれあい相談東グループに配属された男性(22)。「農家さんに頼られる存在になりたい」と抱負を語る。

 大阪出身。幼いころから自然や農業に興味を持ち、酪農学園大学(江別市)に進学。全国一の玉ねぎ産地である同JAで農学の知識を生かすことができればと地元を離れて就職を決めた。

 男性の仕事は組合員の技術指導や経営相談などに応じる、農家にとって一番身近な農協職員。自分の担当エリアを回った際、先輩職員が組合員に何を聞かれてもその場で迅速に対応する姿に圧倒された。「農家さんの窓口になる仕事だと実感しました。何でも聞いてもらえるように頑張り、信頼関係を築いていけたら」と話す。

 制服に袖を通すたび、きたみらいの看板を背負っているという意識が強くなる。きたみらいの職員としての自覚を常に持ち「自分ができる最大限のことを考え、行動したいです」。

 趣味は尺八やスノーボード、釣りなどで「仕事に慣れたらオホーツクの自然を楽しみたいです」。  (理)