人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

結成50周年記念誌「明日へ」発行

tweet
2019/05/09掲載(北見市/社会・歴史)

北見市寿町「ことぶき町内会」

10周年に次いで2冊目、会員の協力得ながら
「団結力のおかげ、記録として残したい」
町内会ホットライン

北見市寿町2丁目と4丁目の一部が会員の「ことぶき町内会」が、50周年記念誌「明日へ」を発行した。会長は「先輩方をはじめ、会員の協力で記念誌を作ることができました。町内会の記録として残したい」と話している。

 昭和43年に結成し、現在の会員は約60戸。44年には町内会のシンボル樹と花を制定して会員に配布するなど、先進的な取り組みを行ってきた。

 記念誌の発行は10周年に次いで2冊目。会長を中心に昨年夏から、町内会結成時に尽力した男性ら創立会員の協力を得ながら過去の資料を集めた。

 内容は会員のメッセージ、沿革、歴代役員名簿や町内会行事の写真をはじめ、平成25年から毎月のように発行している町内会便りと、同便りに掲載された戦争体験者の寄稿も再特集した。

 会長は「前会長のもと、たくさんの協力を得ることができ、苦もなく完成することができました。町内会の団結力を感じました」と胸を張る。

 男性は「とても立派な記念誌。感慨無量です」と喜んでいる。

 記念誌は、A4判カラーで63ページ。80部を発行し、会員全戸に配布した。   (菊)