人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

入館者数過去最高に

tweet
2019/05/11掲載(北見市/社会)

北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館

北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館の2018年度の入館者数が、過去最高の2万2485人を記録した。入り込みの落ち込む冬季のクリスマスイベントやイルミネーション、ライトアップイベントが奏功。ハッカのハンドクリーム作り体験も集客につながり、過去最高だった17年度をさらに上回った。

2018年度は2万2485人
冬季のイベントやイルミ、ライトアップが好評
ハンドクリーム作り体験も集客に貢献

好評だったイルミネーションとライトアップ

好評だったイルミネーションとライトアップ

記念館はかつて世界市場の7割を占めた北見のハッカの歴史を伝えるため、1983年に閉鎖された北見薄荷工場の事務所を修復・改良して86年4月にオープン。蒸溜館は蒸留実演を見学できる施設として、2002年12月にオープンした。

 指定管理者の北見市観光協会によると、入館者数は17年度に過去最高の2万1647人を記録。18年度は引き続き冬季のイベントが好評だったことに加え、ハンドクリーム作り体験が女性などの新たな集客を生み、前年を838人上回った。

 「18年度は前年に比べ海外からの団体ツアーが減りましたが、毎月の積み重ねで上乗せすることができました」と同協会。イルミネーションの点灯期間を前年に比べ1カ月間伸ばし、市民や観光客にSNSでの投稿を呼び掛けるなど、話題作りも奏功した。

 同協会は「より多くの人にハンドクリーム作りを体験してもらうため、新たに30分コース(通常90分)を設けました。引き続きさまざまなイベントを企画し、利用増に努めます」と話している。 (匡)