人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

常呂漁港で災害対応訓練

tweet
2019/06/07掲載(北見市/社会)

地震による油流出など想定

危険物安全週間に漁協職員や消防隊員らが

常呂漁協職員による吸着マットの回収訓練

常呂漁協職員による吸着マットの回収訓練

北見地区消防組合消防本部、北見地区危険物安全協会などは「危険物安全週間」(6月2~8日)の4日、市内の常呂漁港で強い地震を想定した災害対応訓練を実施した。

 この日は常呂漁協職員、消防署常呂支署の隊員など約40人が参加。常呂自治区内で震度5強の地震が発生し、漁港内の船舶用給油施設が破損して大量の軽油が海面に流出。また、付属の屋外タンクのポンプ室から出火し、大規模な火災につながる恐れがあるとの想定で訓練を行った。

 最初に漁協の職員が港内の見回りや通報、初期消火などを実施。続いて消防隊員と漁協職員が協力しながらオイルフェンスを海面に張って油の拡散を防いだ。最後に漁協の職員が小型漁船から油の吸着マットを投入し、回収するまでの訓練に取り組み万一に備えた。     (柏)